作業療法実習(2018.9月)

作業療法学生が長期実習を終了しました。実習の感想を頂きましたので紹介します。

M君(北九州より)

今回初めての精神科の長期実習ということで、不安も多くありましたが職員の方々も優しく接してくださり楽しみながら実習を進めることができました。OT活動では患者さんと活動や作品作りを行い、一緒に楽しい時間を共有できてとても嬉しかったです。また、学生の考えたレクレーションでも患者さんたちから「楽しかった。」や「またやってね。」などと言われたりと、やりがいを感じることができました。
ここでの経験を今後の国試の勉強や臨床に活かして、患者さん一人一人に対して真剣に向き合えるような作業療法士になりたいと思います。二ヶ月間お世話になりました!

(M君が考えた、フルーツポンチ)

Gさん(大村より)

初めての精神科での実習ということで緊張や不安がたくさんありましたが、作業療法士の先生方を始め職員の皆様が優しくアドバイスや指導をしてくださったおかけで実習を楽しむことができ、あっという間に8週間を終えることができました。患者様も笑顔で挨拶やお話、一緒に作業活動をしてくださり私自身も楽しんで実習を行うことができました。また、自分の得意なことを活かせる場面を頂き患者様に喜んでもらえたことが1番の思い出です。
学校では経験できないことや実際に患者様に関わらせていただくことで大変なこともありましたが、様々なことを学び吸収することができ改めて作業療法士の魅力を感じることができました。8週間ありがとうございました。

Comments are closed.