春のバス旅行(2018)

バス旅行に行ってきました。

春は毎年、ローレライホテルさんです。

この記事をブログに書くのも何回目でしょうか(笑)

今回はバス旅行に同行した、当院で実習中の作業療法学生の感想や疑問を付け加えて書いてます。

昨日までの雨は嘘のように、晴天です。晴れ男、晴れ女がたくさんいたようです。

10時半に病院を出発。

学生A)旅行と聞いていたので、もっともらしい観光バスかと思ったら違った!! 

    ホテルのバスですね(笑)

1時間後にホテルに到着。

学生B)行先が意外と近かった(笑)同じ佐世保市内ですね。 

30分の自由時間。

12時からお待ちかねのビュッフェ。

食べて、食べて、とにかく食べて(^_^)v。

食後のカラオケタイムは1時間ありました。盛り上がってましたよ!!

学生A)普段は大人しい方もカラオケではとても堂々として、声も出ている(驚)

魚々市場へ移動。

さっき『お腹いっぱい』と言っていたのに・・・また、食べます。今日はカロリーは気にしません。好きなだけ、食べます。

お買いものを済ませ。

学生A)購入したものを病棟に持ち帰れないのはなぜですか?

学生B)購入する食べ物に制限があるのでしょうか?

スタッフ)入院している方は様々な症状、状態があります。持ち帰って、状態の悪い患者さんが口にすると詰まらせたりする可能性があります。また、衛生管理の観点から生ものや痛みやすい食物は制限があります。

帰路に着きます。16時には病院に到着。

学生A)バスの移動の中で音楽を流せばいいんじゃないかなと思った、

    カラオケで歌えない人もバスの中で口ずさんだりできたかもですね。

学生B)一日のタイムスケジュールや内容、参加者は誰が決めたのでしょうか?

    また、患者さんが途中で具合が悪くなったときの対応はどうするのでしょうか?

スタッフ)一日のスケジュール等は、先方との話し合いで決定します。ここ数年は同じ内容です。どうしても具合が悪い方は、緊急車両が同行してますのでいつでも帰院できます。

 

最後に患者さんの感想です。

・いつも病院は閉鎖された場所。今日は外の空気や光を感じられてうれしい。

・気分転換になった

・お風呂が気持ち良かった

・バイキングがおいしかった

・また、次も参加したい

 

みなさんお疲れ様でした。

 

Comments are closed.