作業療法実習(2022.7月)

作業療法学生が実習を終了しました。実習の感想を頂きましたので紹介します。(※原文のまま記載しています)

Hさん(長崎より)

この度お忙しい中2ヵ月間ご指導いただきありがとうございました。今回の実習では、言葉で表現する事が難しい患者様の表情や行動から気持ちを読み取ることの難しさを改めて感じました。また行動観察から治療の中で自分の考えに自信が持てず不安でしたが患者様の笑顔や変化を実感することができて嬉しかったです。
バイザーの先生をはじめ作業療法士の先生方、病棟スタッフの皆様そしてご協力して下さった患者様、本当にありがとうございました。(写真 右)

Kさん(長崎より)

 この度はお忙しい中2ヶ月間ご指導ありがとうございました。CEの先生をはじめ,作業療法士の皆様や多職種のスタッフの皆様に大変お世話になりました。精神科の実習が初めてで作業療法の様子や雰囲気を知ることができました。また、患者さんとの関わり方や観察評価で注目する視点などを学ぶことができました。 OT活動以外の時間でも患者さんと関わる時間が多く、たくさんの患者さんとコミュニケーションをとったことやレクリエーションを企画し患者さんが楽しんでいる様子を見られたことが印象に残りました。今回の実習では学校では学ぶことのできない病院の雰囲気やリーダーなどの貴重な経験をさせていただき、自分の知識不足やコミュニケーションスキルなど今後の課題を見つけることができました。次回の実習では今回得た知識や反省点を活かし頑張ります。(写真 左)