新着情報」カテゴリーアーカイブ

永年勤続表彰(2021)

先日、永年勤続表彰がありました。勤続10年、15年、20年の表彰です。という筆者も勤続10年を迎え、表彰状を頂きました。10年でスタッフの入れ替わりはつきものですが、同期が1名だったことが驚きです。今後もできる限り頑張りたいと思います。

秋のバスドライブ(2021)

前回のお花見から8カ月。11月26日、待望のバスドライブに行ってきました!コロナ禍で外出できなかったため、とても楽しみにされていて、当日いつもよりみなさんおしゃれをしたりと元気いっぱいで出発!!

 

 

 

 

今年4月にオープンしたばかりの吉井町にある福井洞窟ミュージアムでは、縄文時代へタイムスリップ。洞窟を再現したジオラマや石器を見学したり、当時の朝の衣装を着てナウマンゾウと一緒に真を撮ったりと修学旅行気分を味わえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次は御橋観音へ。紅葉は少し過ぎていましたが、空の青とイチョウの黄色がとても美しく季節を感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はお待ちかねの江迎町にある「イート」での昼食です♪

 

 

 

 

トルコライスや手まり御膳など日ごろかなか食べることができない料理を堪能されていました。お店の方からサプライズデザート「チュロス」のプレゼント。

 

 

 

 

初めて食べる方も多かったですが「おいしい」と喜んで食べていました。こちらのお店はB型就労施設でもあり、当院を退院された方が働いていて、16人分のドリンクオーダーを聞き間違えず落ち着いて取っており、成長した姿を見ることができ胸が熱くなりました。

おなか一杯になり、帰りは眠たそうにしていましたが、「楽しかった」「気分転換になった、また行きたかった」などの感想が聞かれました。来年は今年よりもっとたくさんの所に行きたいですね♪

作業療法実習(2021.11月)

作業療法学生が実習を終了しました。実習の感想を頂きましたので紹介します。(※原文のまま記載しています)

Hさん(長崎より)

 今回、五日間という短い期間ではありますが見学実習をさせていただきました。まだ入学して間もないということもあり精神科について勉強したことも少なく、分からないことばかりでした。その中で見学実習先が精神科だと知り、不安もありましたが実際に行ってみると想像していたものとは全く違い ました。実習を行っていく中でどんな患者さんがいるのか、どのようなリハビリを行っているのか知ることができました。患者さんとの関わり方や精神分野について丁寧に教えてくださり、授業で勉強する前に実際に臨床の場の雰囲気を感じることができ、とても良かったと思います 。今回教えていただいたことを今後の勉強に活かしていきたいと思います。五日間という短い期間でしたがお世話になりました。ありがとうございました。

作業療法実習(2021.10月)

作業療法学生が実習を終了しました。実習の感想を頂きましたので紹介します。(※原文のまま記載しています)

Kさん(長崎より)

今回3週間の評価実習で精神科に行かせていただくのはクラスで一人ということもあり、事前学習の段階から、漠然としたイメージに不安を抱いていました。精神科病院は鉄でできた重い扉で仕切られており、静寂に包まれていると思っていたからです。実際、佐世保北病院はそうではなく、患者様の様子を見ると、OT活動時に真剣に取り組む傍ら、素敵な笑顔が見られてイメージが変わりました。長期入院になればなるほど、社会との関わりを感じづらくなる中で、新たなことに挑戦して達成する経験や自分自身で決断したりする機会をもたらす作業療法は多くの意義があると感じてさらに作業療法士になりたいという思いが強くなりました。作業療法士の皆様をはじめ、関わらせていただいたスタッフの方々には、優しく声をかけて頂き、あたたかいご指導をいただき感謝しています。これから、学校に戻っての勉強となりますが、佐世保北病院で見て感じ、学んだことを活かして努力していきたいと思います。作業療法室から虹を見たこともいい思い出です。3週間ありがとうございました。

 

Yさん(長崎より)

 この度は、お忙しい中3週間ご指導頂きありがとうございました。バイザーの先生をはじめ作業療法室の先生方や病棟スタッフの皆様にご丁寧にご指導頂いたおかげで、精神科作業療法における評価・観察について楽しみながら理解することができました。また、患者様とコミュニケーションを通し、患者様一人ひとりと向き合うことの大切さや疾患への理解を深めることができ、自分の今後の課題にも気づくきっかけとなりました。今回の実習で得た知識を次の実習に活かし頑張りたいと思います。

虹とPPE

10月1日(金)。午前8時10分。

当院から虹が綺麗に見えました。思わず1枚撮ってみました。

話しは変りまして、PPEの勉強会を行いました。

PPE(personal protective equipment)は個人用防護具の略称です。例えば、よく使用するものとして、ガウン、手袋、マスク、キャップ、 エプロン、シューカバー、フェイスシールド、ゴーグルなどがあります。感染経路を遮断するための有効な手段がPPEであり、いかに適切に使用するかが大切です。

今回もPPEの着脱についてです。また、いつ感染拡大になるか分かりません。備えは大事ですね。実際に数名のスタッフに着脱してもらい、一つ一つ装着手順を確認し、汚染されない取り外し方の注意点などを復習します。いい機会ですので、OT学生も着脱してみました。

こんな感じです。

作業療法実習(2021.9月)

作業療法学生が実習を終了しました。実習の感想を頂きましたので紹介します。(※原文のまま記載しています)

Sさん(長崎より)

2ヶ月間、丁寧なご指導ありがとうございました。長期実習では初めての精神科実習で不安や緊張がありましたが、OTRの先生方をはじめ院内のスタッフの方々や患者様に支えられ充実した実習を送ることができました。実習の中では多くの貴重な経験をさせていただきました。何もかもが勉強になる事ばかりで改めて自分の未熟さや今後の課題が見つかりました。今後、臨床に出たときにはここで得た知識を活かせるよう勉学に励み、多くの引き出しを持った視野の広い作業療法士になりたいと思います。このような状況の中、実習を受け入れて下さり本当にありがとうございました。お世話になりました。

秋祭り準備

秋祭りを遡ること1週間前。

祭り当日、棟内の飾り物を患者さんと一緒に作成しました。作成風景です。この時は、どこに、どのように飾られるかは分かっていません。時間の許す限り熱心に作ってもらいました。

こんな感じです。

 

秋祭り(2021)

9月8日(水)、2年ぶりの秋祭りの開催となりました。これまでは、夕方から院内の駐車場で行っていましたが、コロナウィルスの影響から患者家族や、地域の方を交えた催し物は難しいと判断し、今年は昼間、そして病棟内で行いました。

病棟の朝の申し送りが終わってすぐに準備に取り掛かります。

天井には提灯、壁には風船やお祭りらしいイラストを飾ります。難しいものはスタッフが、簡単なものは患者さんも一緒に。

みんなで作り上げるお祭りです。頭にはお面飾り(?)みなさんに喜んで頂き用意した数が全く足りませんでした。

さて、お祭りは開会の挨拶から始まります。事前に患者さんにお願いしてました。特製の衣装を身に付けての登場です。

かなり、緊張されてましたが、見事やり遂げて下さいました。

次に、歌。国家斉唱と十八番の兄弟船で祭りを盛り上げてもらいます。

こちらも、見事に歌い上げて下さいました。緊張の中、音を外さないとは本当にプロみたいです。

次に、盆踊り。数週間前から作業療法の中で練習を重ね、いよいよ本番です。

いつも座って踊っていた人も、今日は立って踊ります。それでも、かなり密な状態ですね。

次はゲームラリーです。

スタンプラリーカードを持って、3つのゲームを回ります。クリアしたゲーム数によって貰えるお菓子が異なります。

輪投げ

魚釣り

パズル

昼食はお祭り仕様。焼きそば弁当です。栄養課に頑張ってもらいました。患者さんからも大変好評でした。皆さん笑顔で「美味しい」の一言です。

食後に、おたのしみイベント。おやつタイムです。まだまだ暑いのでかき氷にしましたよ。

最後となりましたが、映えスポットで記念撮影です。

終了後、「楽しかった、よかった」と感想の声。みなさん、準備から後片付けまで本当にお疲れ様でした。

 

 

 

きゅうり収穫

8月も下旬、今年の夏も終盤に差し掛かりました。夏野菜の旬もそろそろ終わりになります。

当院では患者様がきゅうりを育てています。植えたのは6月下旬頃でした。


育ちが遅くなかなか収穫できませんでした。しかし、先日ついに収穫になりました。

 

最近の長雨でなかなか水やりに行けませんでしたが、立派にできました!!
苗の植え付けから育てた自信作のきゅうりです。大きい!!

もろみ味噌と食べて「とてもおいしい」と満足気でした。

来年は豊作を期待しています。